「バックパッカーにオススメの節約観光術・ワシントンDC編」 

「バックパッカーにオススメの節約観光術・ワシントンDC編」

物価の高いワシントンDCでは、特に治安の良いエリアで1泊1万円以下で宿泊できるホテルは少ないです。今回は、ワシントンDCの治安や少しでも節約してワシントンDCを訪れたいバックパッカーにオススメの格安ゲストハウスや無料で観光できるオススメスポットを紹介します。

治安について

ワシントンDCはNE(北東) NW(北西) SE(南東) SW(南西)の4つのエリアで区別されていますが、比較的治安の良いとされるエリアは西側のエリアで東側のエリアは全てではないですが治安の悪いエリアがあるので土地勘のある人が同行していない場合は、特に橋向こうに位置するガイドブックにも情報がないようなSE、NEエリアはローカル色が強く観光者は目立つのでホテルを選ぶ際なども注意してください。

バックパッカーにオススメのホテル

ワシントンDC内でホテルを探す場合、リーズナブルな値段重視で治安を気にせずに選んだ結果、治安の好ましくないエリアのホテルで心細い思いを経験したという話も聞いたことがありますが、私がオススメするバックパッカーにオススメの観光にもロケーション抜群のゲストハウスは「City House Hotel」です。

相部屋でもOKなら$30〜からの値段設定。このエリアのアパートの家賃は1ベッドルームでも20万以上することを考えるとゲストハウスでもリーズナブルなのでオススメです。
旅行好きなバックパッカーが集うホテルなので共同スペースもあり素敵な出会いも期待できます。


場所はワシントンDCの主要駅のユニオンステーションから徒歩10分程度で駅の外に出ると無料のDCストリートカーという名前のトロリーが運行していているので2駅目の5thで降車するとすぐ近くで観光に出かける際もバス、メトロ、トロリーの駅が徒歩圏内なのでどこに行くにも便利です。その他、食事代を節約したい場合はすぐ近くにスーパーマーケットもあり、夜でもレストランが多いストリートで若者に人気のエリアなので人通りも多いです。

無料で楽しめる近辺の観光スポット


まずは「ユニオンステーション」
正面玄関は外観もエントランスの中も見上げるほど見応えがあり、ユニクロやH&Mなどアパレルやお土産雑貨なども購入できるショップが入っていて地下にはフードコートもあります。

「ポスタルミュージアム」
ユニオンステーションの正面側の隣にある博物館で入場料無料なのでオススメです。

続いて、ワシントンDCといえば「キャピトル」
キャピトルもユニオンステーションから徒歩10分ほどの場所にあります。キャピトルまで歩いてくると、近くにはナショナルモール、ワシントンモニュメント、スミソニアン博物館などもありガイドブックで紹介されているメインなスポット満載なのでお金をかけずに節約しつつも充実した観光が可能です。

バックパッカーでワシントンDC旅行を検討中の方は是非、今回紹介したゲストハウスや観光名所巡りを楽しんでみてください!

その他「バックパッカーが海外旅行を安く抑えるコツ」の記事はこちら

 

Sponsor Link