DCメトロ利用に便利なスマートリップカード入金チャージ方法

ワシントンDC旅行で地下鉄やメトロバスを利用する際に便利なスマートリップ(SmarTrip)カードですが、購入後に残高が足りなくなった際の入金チャージ方法が意外と最初は複雑で分かりづらいので入金チャージ操作方法&支払い方について紹介します。 メトロ自動券売機 日本の小さな自動券売機に比べると大きく下の写真のように青色と黒色の券売機があります。 黒色の方にはADD VALUEという表記が左上の方にあり、こちらは現金のみの追加料金(チャージ)が可能な専用の券売機で青色の方はクレジットカードやデビットカードの利用が可能な券売機になります。 SmarTrip入金チャージ方法 まずは、スマートリップカードの写真のある場所に持っているカードをかざして残高を確認します。 カードをかざすと読み込んで反応するので画面で残高をチェック。 今回の場合は、上の写真からー$2.05の残高不足なのが確認できます。 次にADD VALUEの所を押します。 (画面の左横にABCの3つのボタンがあるので選択したい文字の横にあるボタンを押して次の操作へ進みます。ここではBボタンを押してADD VALUEへ) ADD VALUEを押すと次の画面は1番上の段が$10.00に設定されている状態なのでスクリーン画面の下にある$と¢の上下プラスマイナスのボタンを押して追加したい金額に調整します。 料金設定が完了したらPRESS WHEN DONEの文字のあるCのボタンを押します。 支払い方法 今回は青色の券売機を利用しているので現金以外にもクレジットカードが利用できます。…

Continue Reading →

ワシントンDC観光にオススメ!「スマートリップ」提示で3つのお得な特典!

「SmarTrip」は、Suicaのような料金を予めチャージしてメトロなど利用する時に使うICカードですが、初めて利用するのに作成すると$2分が作成料として差し引かれるので、少し損した気分にもなりますが、知っていればお得な特典もあります。 今回は、知っていたら旅行中に使える機会があるかもしれないお得な「3つの特典」を紹介します。

Continue Reading →

食生活改善にオススメ!「Khepra’s Raw Food Juice Bar 」のヘルシーローフード!

RAW FOOD アメリカでは「クレンズジュース」ダイエットや、「ローフード」が人気ですが、日頃アメリカンフードに疲れた時や、プチ断食などで臓器を休めたい時に突然、水だけの断食よりも知識のある人が考案したクレンズジュースや、断食でなくても食生活の改善に「ローフード」メニューは理想的です。

Continue Reading →

【ワシントンDC】トレダージョーズもOPEN!アート&フォトジェニックなエリア「ユニオンマーケット」へ行こう!

ユニオンマーケットは倉庫風な建物の中にカフェやバー、雑貨店など約40近い数のベンダーが入っていて、建物の外壁には、オノヨーコさんのクールなメッセージが施されていたり、周りにもストリートアートがあるようなローカル感も漂うスポットです。

Continue Reading →

【ワシントンDC】DC Streetcarで新たな観光スポットへ!乗り方と運行エリアガイド

HOW TO RIDE DC Streetcar? トロリーについて 今年で2年目を迎えたDC Streetcarは、2016年2月27日に運行開始。ユニオン駅の裏側(バス乗り場方面)から外に出た「HストリートN.Eエリア」をユニオン駅からOklahoma Avenue & Benning Road NEまでを運行しています。 その間の停車駅は3th、5th、8th、13th、15th、19th。 15th以降はローカル色が強く、現在のところ観光に適しているエリアはWhole Foods Marketと、レストランがある「3th ~ 13th or…

Continue Reading →

【ワシントンDC】観光スポットをレンタサイクルで巡ろう!利用方法徹底ガイド

Capital Bike share CapitalBikeshareとは? 各都市に観光地には自転車レンタルがありますが、ワシントンDCのCapital Bike shareは「赤色」の自転車。

Continue Reading →

【ワシントンDC観光スポット】半日観光にもオススメ!週末の「イースタンマーケット」へ行こう!

Eastern Market イースタンマーケット ワシントンDCの観光名所「Capitol」から近いエリアに、 1873年からの歴史あるEastern Market(イースタンマーケット)があります。 イースタンマーケットは、赤レンガの建物で、南と北側でサウスホール・ノースホールに分かれています。

Continue Reading →