DCメトロ・バス・交通機関

ワシントンDC・全米桜祭りデザインの「SmarTrip」購入方法

4月に入り桜も満開のワシントンDC。春恒例のお祭り「ナショナル・チェリーブロッサム・フェスティバル(全米桜祭り)」も開催中で様々なイベントも開催され賑わっています。 この時期はギフトショップでも全米桜祭りデザインのお土産物もたくさんありますが、メトロ利用時に便利な「SmarTrip」も桜デザインが販売されています。 通常の「SmarTrip」のデザイン(↓) ナショナル・チェリーブロッサム・フェスティバルのデザイン(↓) SmarTripは作成料が$2で、自分で設定した金額を入金して残高が少なくなくなればまた入金して使い続けることができるので地下鉄やメトロバスを利用して観光する場合は1枚持っておくと便利です。 全米桜祭りロゴ入りSmarTrip購入場所は? 地下鉄の券売機(フェアカード販売機)の上にあるサインが目印です。 この看板がない券売機は通常のデザインのSmarTripになります。 (※SmarTrip購入ガイド(操作)方法はこちらの記事から) SmarTripが出てきたら忘れずに最後にタッチして入金完了させてください。 この時期、ワシントンDCを訪れる方は4/13日に桜祭りジャパニーズフェスティバルもあるので桜デザインのSmarTripを利用してイベントやお花見に出かけてみると気分も盛り上がると思います。 ・ナショナル・チェリーブロッサム・フェスティバル WEBサイト ・桜祭りジャパニーズフェスティバル(入場料10ドル(12歳以下は無料)) WEBサイト

ワシントンDC・地下鉄(メトロ)券売機で「SmarTrip購入」操作ガイド

ワシントンDCの地下鉄にある券売機は大きいのですがスクリーンが小さく色んなボタンがあるので初めて購入する際に難しそうに感じる方もいると思います。今回は、SmarTripの購入方法を紹介します。 最初に、オレンジ色の①のスクリーンに3つの選択肢が表記されているので文字の左横にあるA,B,Cのボタンで選択し押して次の操作に進みます。 BボタンのPURCHASE SINGLE CARDを選択 この画面ではカード作成の発券料に$2の表記があります。 Bボタン(PURCHASE VALUE)を押し、次の画面で入金したい金額を設定します。次の画面に進むと自動的な設定で$8の表記になっています。 この金額設定からプラスとマイナスのボタンで金額を増減し、設定が完了したらCボタンの「PRESS WHEN DONE」を押します。 (金額設定時に操作するプラスとマイナスボタン) 次の画面は、確認画面になります。 ここで表記されているのは、$2のカード作成料と(増減せずに$8に設定したので)$8チャージの合計$10の内訳が確認できます。 間違いがなければ、Cボタン「PRESS

ワシントンDC「サーキュレーター」を利用して交通費を節約!お得に観光スポットへ

「サーキュレーター」とは? 初めてワシントンDCを訪れる人にとって「サーキュレーター」って何?と思われる方もいると思いますが便利な「循環バス」のことです。   片道運賃が一律「$1」でしたが、2019年3月下旬〜「無料」になりました。 乗り方 今までは「メトロバス」同様に前方から乗車し、スマートリップや現金で先払いをしての乗車方法でしたが、無料になったので支払いなしで、降車時は目的地のアナウンスが流れたら降車リクエストのボタンがあるので押してください。 Circulator Photo by©︎PPinWDC 「イースタンマーケット」「ナショナルモール」への観光移動にも便利ですが特に「ジョージタウン」へ出かける際に「サーキュレーター」の利用がオススメです。 ユニオンステーション〜ジョージタウン間の運行があるので、ユニオンステーションから乗車する場合は、駅の正面とは反対側にある長距離バスが並ぶバス乗り場でサーキュレーターを探せばそこがユニオンステーションの出発地点の乗り場です。 (比較的バス乗り場22〜24番あたりに停車しています) 頻繁に運行しているので(運行時間内は10分間隔くらいに1本)乗り場を調べて計画を立てればスムーズです。 運行スケジュール(Web) Sponsor

ワシントンDC観光・メトロバス料金&乗り方

ワシントンDC旅行の際に公共交通機関を利用の際は地下鉄以外にも市バス「メトロバス」もあわせて利用できれば移動がスムーズです。 ただし、土地勘のない場所でのバスの路線や番号など複雑そうに感じる場合もあるかと思いますが、観光時はwi-fiレンタルをするなどしてネットと繋がるようにしておけばGoogleマップなどを利用して目的地を入力し公共機関を選択すればバスの番号も出てくるので実際利用してみると思っているほど難しくはないです。 メトロバスは、一律$2なので地下鉄よりもリーズナブルに移動ができます。 ワシントンDCの地下鉄の場合は時間帯や目的地にもよりますが片道$2〜6くらいなので、バスの方が安く外の景色も楽しめるのもありオススメです。   注意点 観光エリアで観光時間帯での利用であれば特に治安面でも心配はないかと思いますが念のため「メトロバス」利用の際はあまり奥側の席には座らず前方か中央の出入口あたりまでの席の方が良いかとは思います。 (観光スポットから離れたエリアや夜間などの利用はオススメしません) DCメトロバス Photo by©︎PPinWDC メトロバスの乗り方 メトロバスの出入口が前方と中央にあります。 乗車の際は前方から乗り、先に料金を支払います。 スマートリップ(SmarTrip)を利用する場合はイラストがあるところにタッチ、現金で支払う場合は紙幣挿入口や硬貨の投入口で$2を支払います。 降車の際は、ボタンがなく「黄色の紐」が窓側一帯にあるので下に引っ張ると降車リクエストを知らせる仕組みになっています。

DCメトロ利用に便利なスマートリップカード入金チャージ方法

ワシントンDC旅行で地下鉄やメトロバスを利用する際に便利なスマートリップ(SmarTrip)カードですが、購入後に残高が足りなくなった際の入金チャージ方法が意外と最初は複雑で分かりづらいので入金チャージ操作方法&支払い方について紹介します。 メトロ自動券売機 日本の小さな自動券売機に比べると大きく下の写真のように青色と黒色の券売機があります。 黒色の方にはADD VALUEという表記が左上の方にあり、こちらは現金のみの追加料金(チャージ)が可能な専用の券売機で青色の方はクレジットカードやデビットカードの利用が可能な券売機になります。 SmarTrip入金チャージ方法 まずは、スマートリップカードの写真のある場所に持っているカードをかざして残高を確認します。 カードをかざすと読み込んで反応するので画面で残高をチェック。 今回の場合は、上の写真からー$2.05の残高不足なのが確認できます。 次にADD VALUEの所を押します。 (画面の左横にABCの3つのボタンがあるので選択したい文字の横にあるボタンを押して次の操作へ進みます。ここではBボタンを押してADD VALUEへ) ADD VALUEを押すと次の画面は1番上の段が$10.00に設定されている状態なのでスクリーン画面の下にある$と¢の上下プラスマイナスのボタンを押して追加したい金額に調整します。

ワシントンDC観光にオススメ!「スマートリップ」提示で3つのお得な特典!

「SmarTrip」は、Suicaのような料金を予めチャージしてメトロなど利用時に使うICカードですが、初回作成時「$2」が作成料としてかかりますが、知っていればお得な特典もあります。 今回は、旅行中に使える機会があるかもしれないお得な「3つの特典」を紹介します。 SmarTrip特典1 「マダム・タッソー蝋人形館」で提示すれば入場料が35%OFF! アメリカのマダム・タッソー蝋人形館は、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、ナッシュビル、オーランド、ニューヨーク、そしてワシントンDCで展開しているので旅行の際はオススメです。 特に、大統領や政治家の蝋人形との記念撮影は、まさにワシントンDCらしい思い出写真になり良いと思います。 マダム・タッソーWEBサイト SmarTrip特典2 ホテル「Comfort Inn」の宿泊料が15%OFF! (※ワシントンDC・ダウンタウンのConvention Centerと、メリーランドのGaithersburgのComfort Innホテル)詳しくはこちら SmarTrip特典3 火曜日限定で、ワシントンDCのダンキンドーナツのコーヒーがどのサイズでも$1.69で購入できます。(アイスコーヒーでもホットコーヒーでもOK)

【ワシントンDC】DC Streetcarで新たな観光スポットへ!乗り方と運行エリアガイド

HOW TO RIDE DC Streetcar? トロリーについて 今年で2年目を迎えたDC Streetcarは、2016年2月27日に運行開始。ユニオン駅の裏側(バス乗り場方面)から外に出た「HストリートN.Eエリア」をユニオン駅からOklahoma Avenue & Benning Road NEまでを運行しています。 その間の停車駅は3th、5th、8th、13th、15th、19th。 15th以降はローカル色が強く、現在のところ観光に適しているエリアはWhole