ローカル・観光情報

DC観光・映画好きにオススメ!ANGELIKA POP-UP / ユニオンマーケット

ワシントンDCには美術館や博物館、ホワイトハウスなどたくさんの観光名所がありますが、そのような観光名所とは違ったローカルに人気のエリアを観光してみたい人にオススメの場所の1つがNOMA/ユニオンマーケットエリアです。 元々は治安に心配のある卸倉庫街で観光客が訪れるような場所ではありませんでしたが現在は、開発真っ只中でアート感漂うお洒落なストアが増えてきています。今年の夏にも新たにサウスアメリカンフードのベンダーが集う新たなフードコートもオープン予定なので今後更に注目のエリアです。 そのユニオンマーケットエリアにあるANGELIKA POP-UP(ANGELIKA FILM CENTER) は大型の映画館とは違い小型でアットホームな雰囲気でリーズナブルに映画を楽しめる場所なので映画好きにオススメのスポットです。 去年に引き続き今年もスタジオジブリのイベントを開催していて7月中はジブリ作品を上映している日もあるのでワシントニアンの反応を見ながら英語でジブリ鑑賞をしてみるのも新鮮だと思います。 上映時間・スケジュールはWebサイトで確認してみて下さい。 Angelika Pop Up Film : Photo

お洒落なベーカリー&カフェ「Pluma By BLUEBIRD BAKELY」

ユニオンマーケットのお洒落なベーカリー「Pluma By BLUEBIRD BAKELY」はトレダージョーズの裏側のストリートにあります。 店内は青色のタイルのフロアーが印象的なスタイリッシュなベーカリー&カフェ。 紅茶やコーヒーの他にもビールやワインもあり居心地の良いカフェでインスタ映えグルメスポットとしてもオススメです。 ユニオンマーケットを訪れた際に朝食やブランチに立ち寄ってみる価値あり◎ Pluma by BLUEBIRD BAKERY Photo By©︎PPinWDC Pluma By

開催中に行きたい!The Hip Hop [Pop-Up] Museum in DC

「The Hip Hop Museum」は、2019年1月18日から3月17日までの期間限定でワシントンDCで開催されているポップアップミュージアム。 開催期間中にワシントンDCを訪れるならオススメの観光スポットです。 ストリート(グラフィティー)アートや、ヒップホップの歴史と当時流行したスニーカーやファッションなども展示品を通して再発見でき、スペースと展示品は(個人の収集にしてはかなりの量ですが)程よく見るのにちょうど良いサイズで所要時間30分から1時間くらいでもフォトジェニックな写真も撮影でき楽しめます。 HipHopのレジェンド的なアーティストが訪れるイベントを開催している時はチケット代が必要な場合もありますが、通常であれば無料で入場できます。 (一般に公開されている曜日&時間に注意) The Hip Hop Museum Photo By©︎PPinWDC The

「バックパッカーにオススメの節約観光術・ワシントンDC編」 

「バックパッカーにオススメの節約観光術・ワシントンDC編」 物価の高いワシントンDCでは、特に治安の良いエリアで1泊1万円以下で宿泊できるホテルは少ないです。今回は、ワシントンDCの治安や少しでも節約してワシントンDCを訪れたいバックパッカーにオススメの格安ゲストハウスや無料で観光できるオススメスポットを紹介します。 治安について ワシントンDCはNE(北東) NW(北西) SE(南東) SW(南西)の4つのエリアで区別されていますが、比較的治安の良いとされるエリアは西側のエリアで東側のエリアは全てではないですが治安の悪いエリアがあるので土地勘のある人が同行していない場合は、特に橋向こうに位置するガイドブックにも情報がないようなSE、NEエリアはローカル色が強く観光者は目立つのでホテルを選ぶ際なども注意してください。 バックパッカーにオススメのホテル ワシントンDC内でホテルを探す場合、リーズナブルな値段重視で治安を気にせずに選んだ結果、治安の好ましくないエリアのホテルで心細い思いを経験したという話も聞いたことがありますが、私がオススメするバックパッカーにオススメの観光にもロケーション抜群のゲストハウスは「City House Hotel」です。 相部屋でもOKなら$30〜からの値段設定。このエリアのアパートの家賃は1ベッドルームでも20万以上することを考えるとゲストハウスでもリーズナブルなのでオススメです。 旅行好きなバックパッカーが集うホテルなので共同スペースもあり素敵な出会いも期待できます。 場所はワシントンDCの主要駅のユニオンステーションから徒歩10分程度で駅の外に出ると無料のDCストリートカーという名前のトロリーが運行していているので2駅目の5thで降車するとすぐ近くで観光に出かける際もバス、メトロ、トロリーの駅が徒歩圏内なのでどこに行くにも便利です。その他、食事代を節約したい場合はすぐ近くにスーパーマーケットもあり、夜でもレストランが多いストリートで若者に人気のエリアなので人通りも多いです。 無料で楽しめる近辺の観光スポット

ワシントンDC観光にオススメ!「スマートリップ」提示で3つのお得な特典!

「SmarTrip」は、Suicaのような料金を予めチャージしてメトロなど利用時に使うICカードですが、初回作成時「$2」が作成料としてかかりますが、知っていればお得な特典もあります。 今回は、旅行中に使える機会があるかもしれないお得な「3つの特典」を紹介します。 SmarTrip特典1 「マダム・タッソー蝋人形館」で提示すれば入場料が35%OFF! アメリカのマダム・タッソー蝋人形館は、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコ、ナッシュビル、オーランド、ニューヨーク、そしてワシントンDCで展開しているので旅行の際はオススメです。 特に、大統領や政治家の蝋人形との記念撮影は、まさにワシントンDCらしい思い出写真になり良いと思います。 マダム・タッソーWEBサイト SmarTrip特典2 ホテル「Comfort Inn」の宿泊料が15%OFF! (※ワシントンDC・ダウンタウンのConvention Centerと、メリーランドのGaithersburgのComfort Innホテル)詳しくはこちら SmarTrip特典3 火曜日限定で、ワシントンDCのダンキンドーナツのコーヒーがどのサイズでも$1.69で購入できます。(アイスコーヒーでもホットコーヒーでもOK)

トレダージョーズもOPEN!アート/フォトジェニックなローカルエリア&「ユニオンマーケット」へ行こう!

ユニオンマーケットは倉庫風な建物の中にカフェやバー、雑貨店など約40近い数のベンダーが入っていて、建物の外壁には、オノヨーコさんのクールなメッセージが施されていたり、周りにもストリートアートがあるようなローカル感も漂うスポットです。

【ワシントンDC】DC Streetcarで新たな観光スポットへ!乗り方と運行エリアガイド

HOW TO RIDE DC Streetcar? トロリーについて 今年で2年目を迎えたDC Streetcarは、2016年2月27日に運行開始。ユニオン駅の裏側(バス乗り場方面)から外に出た「HストリートN.Eエリア」をユニオン駅からOklahoma Avenue & Benning Road NEまでを運行しています。 その間の停車駅は3th、5th、8th、13th、15th、19th。 15th以降はローカル色が強く、現在のところ観光に適しているエリアはWhole